スキンケアで健やかに

洗顔と保湿でスキンケア

スキンケアにおける洗顔と保湿

スキンケアは健やかな肌を保つには重要なケアになります。洗顔を行う場合には、肌に負担をかけないように手を洗って雑菌を落とし、たっぷりの泡で洗っていきます。保湿のスキンケアのポイントは、洗顔後なるべく早くケアしていくことです。そうすることで肌の中の水分を蒸発させることを防ぎます。保湿に効果的な成分としてはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが有効です。それらの入った化粧水などを肌につけていきますが、パッティングではなく手に化粧水をつけたら押し当てるように肌に浸透させていくことで有効成分の浸透率が良くなります。

洗顔はきちんと行おう

洗顔をすることで顔の肌に付着した汚れや汗、余分に分泌された皮脂などを洗い流すことができます。皮脂は、肌をほごしてくれる役割もありますが、過剰に分泌されてしまうと肌荒れの原因、毛穴を詰まらせる原因になりかねません。そのため、ある程度スキンケアとして洗顔をして洗い流すことは必要ですが、皮脂の落としすぎには注意しましょう。肌を保護するための皮脂のほとんどがなくなってしまうと肌荒れの原因になります。ぬるま湯で適度に洗い流すように、心がけ、その後はしっかりと化粧品などで保湿などスキンケアをするといいでしょう。

↑PAGE TOP